学部・学科

「宇宙船地球号」の未来を支える学部

すべての生命は与えられた環境の中で育まれています。私たちは産業革命以来、便利な住環境を整えることに力を注いできましたが、気が付くと、多くの自然を壊し、人口増加に伴う食料問題も発生していました。自然環境の悪化は私たちの生命にも大きな影響を与えます。本学部の教育プログラムや研究の対象は、究極的にはこの問題を解決すること、すなわち、持続可能な社会の実現に向けて役立てられることでしょう。次代の生命科学を担う技術者の養成こそが本学部の目標です。

生命科学部の特色

初年次から専門的な学びがスタート

早い段階から研究に取り組みたいという知的欲求を満たすカリキュラム、早期からの研究室配属などの仕組みがあります。

実験機器・装置が充実

最新の機器や設備を使った質の高い実験・研究を通じて、低年次から生命科学の最先端に触れられます。

約3割の学生が大学院へ進学

大学院には、理工学研究科生命機能学専攻および応用化学専攻があり、学部からの一貫した学びを深められます。

生命機能学科

「細胞」「遺伝子」から生命の本質に迫り、地球と人類の未来を考える

ヒトをはじめ、多くの生物についてゲノムの全構造が解明されたことで生命科学は転換期を迎えています。細胞と、細胞を構成する分子の機能、さらにそれらが集合した際の機能までを追究する新しい細胞生命科学、分子生命科学が求められるようになりました。生命機能学科が提案するのは「細胞個性学」と「分子個性学」を特徴とする新しい「生命機能科学」です。キーワードはゲノム、蛋白質、そして細胞。分子レベルから生命の本質に迫り、地球と人類の未来を考えます。

#

実践知が磨かれる、学びの環境

最先端の研究機材や設備がそろったキャンパスは、最新の生命科学を掘り下げるには絶好の環境です。また英語力についても、1年次から開講される「生命機能学基礎英語」やERP(英語強化プログラム)科目の受講、SAプログラムの利用などを通じて強化できます。

2年次より研究室に配属

1年次より実験科目と演習(ゼミ)を配置。入学後の早い時期から専門分野に触れることで興味・関心が深まり、2年次の研究室配属に向けた準備ができます。また2年次からは研究室での研究が可能で、教員の指導の下、自身の研究テーマに着手します。

「生命ゲノム解析システム」で遺伝子の構造や発現を解析

「生命ゲノム解析システム」を使って、生物ゲノムの遺伝子の構造と、それらの発現ネットワークを解析することにより、ゲノムを基盤とした生命現象を理解することができます。他にも、生体で機能する一分子を解析する「生体分子ナノ計測システム」など、最先端の資材や実験装置を使って研究に取り組めます。

生命科学の最先端を目指せる3コース

細胞と分子のふるまいから生命の本質に迫る「生命機能科学」という大枠の下、さらに掘り下げて最先端に迫る3つのコースを設けています。

  • ゲノム機能コース
    ゲノムの全遺伝子の機能を明らかにし、生物が利用する遺伝子を選択する仕組みの解明を目指します。
  • 蛋白質機能コース
    遺伝子の情報を利用して蛋白質が合成され、立体的に折りたたまれることで機能を発揮する仕組みを学びます。
  • 細胞機能コース
    多数の遺伝子と蛋白質が共存している細胞。その一つ一つの個性解明を目指します。

環境応用化学科

環境やエネルギーの視点から 持続可能な社会の実現を目指す

新興国の経済発展を支える、諸産業の発展。そこには常に、環境保全やエネルギーの問題が関わってきます。環境やエネルギーのさまざまな問題を化学的に解決し持続可能な社会の実現を目指すのが「グリーンケミストリ」です。環境応用化学科では、化学物質が自然界や生体へ及ぼす影響、資源の再循環利用といった面から環境とエネルギーの問題に迫り、持続可能な社会を実現するために不可欠な知見を深めます。

#

実践知が磨かれる、学びの環境

有機化学、無機化学、物理化学、環境化学、化学工学の5分野で基礎能力を身に付け、生体や環境、物質との関係について学びます。グリーンケミストリ関連科目では、化学物質の開発および生産過程における自然界や生体への影響、資源の循環再利用などを環境調和の考え方に立って学習します。また、今日の環境問題に対する新しい化学的解決法の教育研究も行っています。

グリーンエネルギー社会の実現を目指す「マイクロ・ナノテクノロジー研究センター」

キャンパスから歩いて数分の法政大学マイクロ・ナノテクノロジー研究センターでは、最先端の分析機器を用いた実験が可能。学部生も卒業研究で活用しています。2・3年次に履修する「応用化学実験」でも、先端機器を使って実験できる機会が設けられています。

1年次から多彩な実験プログラムを体験

実験・実習を重視した、実践的なカリキュラムを用意。1年次から、少人数クラスでの多彩な実験プログラムを体験できます。比較的早い段階で興味のある研究テーマを絞り込めて、3年次の研究室配属後はじっくりと研究に取り組むことが可能です。

「グリーンケミストリ」を基盤とする3コース

学習の便を図るために「グリーンケミストリ」を基盤とした3つの履修モデル(コース)が設けられ、関心や問題意識に沿って学びを深められます。

  • グリーンケミストリコース
    環境保全やエネルギー問題などを、化学的手法により解決するための知識と技術を修得します。
  • 物質創製化学コース
    さまざまな機能性物質を開発するための基礎知識や、応用開発のための知識と技術を修得します。
  • 環境化学工学コース
    環境、資源、エネルギーの観点から物質の化学変化を捉え、化学工学的プロセス設計などの基礎を修得します。

応用植物科学科

植物を守る力が 地球の未来を守る力になる

2050年には90億人に達するといわれている世界人口。それに伴う食料需要に対応するために、解決が急務なのが植物の病気です。食料生産のうち、3割以上が病気で失われる植物を守り、食料やエネルギー、環境などの社会課題に挑む人材が、今求められています。応用植物科学科では、植物の病気の仕組みの解明、新しい診断治療予防法の開発を目指す「植物医科学」を中心に、「植物の医者」に必要な知性と経験を養います。

#

実践知が磨かれる、学びの環境

植物の病気を診断するために必要な知識を学ぶ講義や実習に加えて、実際の現場で課題を見つけ、自ら解決に取り組む機会を設けています。基礎的な力と、実践的な知性を養う機会を通して、実社会で活躍できる「植物の医者」を育成します。また、2年次には植物医学に関連した全国各地の企業や団体、研究所、農業試験場、中央省庁に赴くインターンシップを必修としています。

研究成果の社会還元に取り組む「植物医科学センター」

付設の植物医科学センターでは、植物病の診断や診断技術研修に取り組み、学生の実践教育の場としても活用されています。また、地域の方々や農業者、自治体などから依頼された植物の生育障害の診断・治療・対処法に関する助言・情報の提供や、植物病の診断・治療・予防などに関する広域連携の拠点的な役割も担っています。

1年次から始まる実習・演習

初年次から、実際の植物を用いてうどんこ病やウイルス病といった実際の植物病の診断実習がスタートします。また、国家資格である技術士(農業部門)の一次試験に向けた演習や、国際的な食料需給について学ぶ講義など、実社会につながるカリキュラムが充実しています。

ニーズが高い領域に特化した3コース

興味関心に合わせて、重点的に学ぶ領域を選ぶことができます。基礎的な内容に加えて、実社会での活躍を目指し、各領域で専門的な知見を獲得します。

  • 植物クリニカルコース
    植物病の原因となる微生物などの特性を知り、植物医科学分野の応用的な知識や先端技術を修得します。
  • グリーンテクノロジーコース
    生命料学の基礎、植物との相互作用などを理解し、植物の健康や環境保護のための技術を修得します。
  • グリーンマネジメントコース
    植物の健康保護と植物生産に対するビジネスや政策など、幅広い分野を学習します。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ