学部・学科

変化の速いグローバル社会で寛容な「国際社会人」を目指す

国際文化学部では急速に進むグローバル化の中で、寛容で共感的な他者理解を通して自らを客観視し、考えや感性をさまざまなかたちで表現・発信できる「国際社会人」の育成に取り組んでいます。7言語での語学教育、全員に参加を求める留学(外国人留学生は国内研修)、情報コミュニケーション技術(ICT)の習得はそのための手段です。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で海外渡航が困難な状況下、語学授業の拡充や演習(ゼミ)の柔軟な履修、ICTを活用した交流など新たな手段を構築中です。

国際文化学部の特色

異文化コミュニケーション能力を育む海外プログラム

原則、全員が海外留学(SAプログラム)に参加。海外フィールドスクールでは、より専門性の高い知識を修得します。

学生の意欲に応える親身なサポート

「大学での学び」を学ぶ「チュートリアル」をはじめ、少人数教育で教員が学生一人一人をサポートします。

多彩な学び・柔軟なカリキュラム

2年次に4つのコースから選択。選択したコース以外の科目も履修できるので、自分の興味にあった学習が可能です。

学科紹介

国際文化学科

異文化を理解・共感するための知識と能力を養う

本学科では、異文化間コミュニケーションをどうすれば円滑にできるかを探究しています。異文化研究のためには、従来からのコミュニケーションツールである「言語」のみならず、「表象」と呼ばれる映像や音楽、絵画、演劇といった表現への理解が必要です。また、それらはインターネットやテレビなどさまざまなメディアを介して「国際社会」に発信されるため、「情報」に関する知識やスキル、そして信頼できる情報を見極め、収集し、分析する能力も重要になります。これらの能力を身に付けた「国際社会人」の育成を、本学科では目指しています。

#

実践知が磨かれる、学びの環境

本学科では「言語」「表象」「国際社会」「情報」の各要素を修得できるよう4つのコースを設定しています。2年次に、希望のコースを選択。研究テーマに合わせて、他コースの科目も積極的に履修できる柔軟なカリキュラムになっています。また、2年次の海外留学で得た知識や体験を生かして学びを深められるよう、多彩なゼミが設置されています。

学びの成果を発表する場

本学科の学生による研究発表の場として、毎年11月に「国際文化情報学会」を開催。論文、ポスター形式、映像、インスタレーションの各分野で、それぞれ学んできた内容を4年間の集大成として発表します。

バランスのとれた「国際社会人」を養成する4コース

  • 情報文化コース
    情報リテラシーの基礎から始め、情報処理に関する高度な知識と能力を養います。
  • 言語文化コース
    言語のスキルを磨き、各言語圏に特有の文化を掘り下げて、文化の多様性を探究します。
  • 表象文化コース
    映像・舞台芸術、美術などの表象文化を通じて、文化的アイデンティティー形成への理解を深めます。
  • 国際社会コース
    地域や国を横断する国際社会の交流とその仕組み、問題点とその解決方法を探ります。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ