学部・学科

人の生き方、学び方、働き方を専門的に探究し、より豊かなキャリアの構築を目指す

「キャリア」とは、働くことを指すだけではありません。それは、日々さまざまな人と出会い、さまざまな経験を積み重ねていく「人生」そのものを意味します。キャリアデザインとは、「人と人とが支え合いながら、より良く生きていくために、生き方、学び方、働き方を考え、設計していくこと」です。社会の構造や価値観が大きく変化しつつある現在、何を学び、どう働き、どう生きるのか。本学部では、「自己のキャリア設計」と「他者のキャリア形成の支援」という二つのテーマに沿って専門性を深め、これからの時代を主体的・創造的に切り拓いていくことができる力を身に付けます。

キャリアデザイン学部の特色

人生の3要素を包括的・横断的に学ぶ

私たちの人生(キャリア)において「学ぶ」「働く」「暮らす」の3つは、切り離すことができない大きな構成要素です。本学部ではこの3つを複合的な要素として捉え、関連付けながら学びます。

「キャリア体験学習」で働くことの肌感覚を養う

国内外でのインターンシップ、地域社会でのキャリア相談や学習支援活動などを必修科目としています。働く場を憧れや別世界ではなく、自身の未来として捉えることで、「主体的に考え生きる力」の形成につなげます。

キャリアアドバイザーが学生の「人生」を応援

単なる就職支援ではなく、学生の人生設計をサポートする学部独自の「キャリアアドバイザー制度」が導入されています。専任アドバイザーが履修や進路・就職、資格取得、学生生活の悩みまで、幅広く相談に応じます。

学科紹介

キャリアデザイン学科

自己と他者の「キャリア」を築く専門知識とスキルを身に付ける

本学科では生き方や学び方、働き方をめぐる専門分野を系統的に学び、高い専門性を身に付けることで、自己のキャリアを主体的かつ豊かにデザインするとともに、他者のキャリアデザインの支援もできる専門的知識やスキルの獲得を目指します。4年間の学びは、企業や地域社会など、あらゆるシーンで活用することができます。

#

企業、地方自治体、学校などでの体験型科目が豊富

キャリア構築の3領域を横断的に学ぶ

  • 発達・教育キャリア領域
    「発達と学習」「学校教育と地域学習」「教育と社会」の3つの科目群で構成。
  • ビジネスキャリア領域
    「個人・人間」「集団・組織」「産業社会」の3つの科目群で構成。
  • ライフキャリア領域
    「自己・他者・関係」「文化マネジメント」「多文化・グローバル社会」の3つの科目群で構成。





このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ