学部・学科

伝統と実績に基づき、市場の多様なニーズに
主体的にチャレンジする!

1959年創設の法政大学経営学部は、55年余の歴史と伝統を持ち、経営学部としては日本の私立大学で2番目に長い歴史を有します。この間、継続的な教育と研究により実績を上げ、実業家や公認会計士など多くの人材を輩出してきました。

変化が激しく、情報があふれ、多様化が進む現代社会を生き抜くためには、固定観念にとらわれず、自由な発想で物事を考える力が必要です。本学部では伝統的な経営学はもちろんのこと、最新のテーマを扱い、理論・実践を含めて幅広く学ぶことにより、主体的にチャレンジする力を養うことができます。

2016年秋学期から、留学生を主たる対象にした英語学位取得コース「グローバルビジネスプログラム」が新設されます。経営学部生向けの公開科目もありますので、ぜひチャレンジしてください。

学部の特色

学科間の垣根が低く、柔軟に広く学べる教育体制

他学科の専門科目まで広く選ぶことができるカリキュラムになっています。学生一人一人の関心に合わせて履修していくことで、柔軟な発想力と応用力を養います。

理論と実践 ~生きた経営学を学べる「特殊講義」~

単年度で開講する特殊講義は、経営学の基礎知識や手法を具体的問題に関連づけて学ぶ科目で、応用力を高めます。中でも寄附講座では有力企業の役員や社員が、実際の企業活動をテーマに講義します。現代の激しい変化を体感でき、社会との接点となる講義のため、自身のキャリア形成にも役立ちます。

1年次向けの「学びの動機づけ」

初年次教育として、企業の経営やビジネスケースに触れながら、主体的な参加により課題を発見し解決方法を探る入門演習を開講しています。

経営学科

企業活動の基礎である組織・人事・会計を学び
経営管理のプロや組織のマネジャーに必要な力を養成

経営学科では、企業管理の基礎的分野である組織・人事・会計を学びます。実際の企業の組織で何が起こっているのかを明らかにする「組織論」。採用や評価・処遇、管理など人を効果的に活用するために必要となる知識や課題を理解する「人事管理」。そして、組織におけるカネの流れを記録・計算・報告する仕組みを体系的に学ぶ「会計学」。これら3つを基本領域としています。

現代社会は、コーポレート・ガバナンス、グループ経営、会計基準のグローバル化など新たな企業経営上の重要課題の解決が求められている時代であり、その解決の中心となる人材が必要とされています。本学科では、経営に関する基本知識を修得すると同時に、組織のマネジャー層として必要な管理運営能力や会計、人事、総務、営業など特定分野のプロフェッショナルとして活躍できる能力の育成を目指しています。

POINT

企業管理の基礎的分野を習得

組織・人事・会計など、実際の企業の管理において欠かせない分野を学びます。

経営戦略学科

国際戦略・企業の歴史や分析方法を学び
グローバルな戦略策定と事業創造を担う人材の育成を目指す

経営戦略学科では、経営の国際化を見据えて「国際戦略」「経営史」「経営分析」を基本領域とした学びを展開しています。

近年、日本企業のグローバル戦略の立ち遅れや、創業の停滞などといった問題を解決するために、国際的・歴史的な視点や的確な分析ツールによって、新たな企業活動を切り開く力が必要とされています。

本学科では、国際経営、企業戦略、企業や産業の歴史、企業の分析などの能カ育成に必要な専門科目を配置。日本とは異なる海外のビジネス環境の中で企業をどう経営するのか、そのヒントを学ぶとともに、歴史から日本企業の発展についての知見を深めます。さらに、企業そのものを対象としてその経営戦略や財務状況を分析します。こうした学びを通して、グローバルな視点から各種の事業分野でビジネスの創業と再構築をリードする人材として必要な戦略発想の育成を目指します。

POINT

経営の国際化に対処できる能力を養成

グローバルな視点からビジネスの創業と再構築をリードするために必要な知識を身に付けます。

市場経営学科

マーケティング、イノベーション、ファイナンスを学び
専門的なマーケットの創造を担う人材を育成

市場経営学科では主に、市場と企業との関わりを分析し、新たなマーケットの創造を担える高度な専門スキルを養います。近年、メーカーや流通業が金融業に進出したり、ネット通販やネット広告、SNSなどIT技術を活用した多様なビジネスモデルが広がっています。一方で、そうした分野で専門能カを持って活躍できる人材の不足も指摘されています。

本学科では、マーケティング、技術・情報、金融・公共サービスなどに関する専門科目を配置。売れる製品や市場環境をつくるためのマーケティングや、イノベーションに必要不可欠なIT技術についての理解を深めます。さらに、ファイナンス分野では、証券市場や企業および個人の財務行動について教育・研究をし、証券の価格がどのように決定されるのかなどの分析のほか、資金の調達や運用に関わる行動について考察します。

POINT

マーケットの創造を担う人材を育成

マーケットやイノベーション、ファイナンスなどについての知識を修得します。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ