学部・学科

企業活動や消費行動から、時代の変化を捉える力を培う

1959年創設の本学部は、経営学部としては国内で3番目に創設され、長い歴史を有します。60年の歩みの中で、社会人向け夜間大学院(HBS)の設立や、現在の3学科制の導入、また英語学位プログラムGBP(Global Business Program)の開始など、常に時代に先駆けた改革を行い、産業界に多数の人材を輩出してきました。

グローバルな環境の下で、新たな課題を捉え、解決に積極的に挑む人材を育成します。

経営学部の特色

柔軟に、深く学べる専門科目

本学科の専門科目に加え、興味・関心や目的に応じて他学科の専門科目も自由に履修できる、柔軟なカリキュラムとなっています。

理論と実践を重視した生きた経営学

通常の講義以外に、企業や業界団体、OB・OGの公認会計士による寄附講座などを実施。実践的で生きた経営学を学べます。

グローバル化に対応した新たな専門科目群

経営学の主要分野を網羅した授業をすべて英語で行う「グローバル・ビジネス/ GBP科目」など、英語で体系的に経営学を学べます。

経営学科

経営管理や組織マネジメントに必要な力を身に付ける

本学科の主要領域は、企業管理の基本的分野である人材、組織、会計です。人材分野では、組織で働く人の採用や報酬など管理のあり方、それを通じていかに組織の成果を高めるかを、組織分野では、組織の構造と権限や分業のあり方を学びます。

そして、会計分野では組織におけるカネの流れを記録・計算・報告する仕組みを学びます。近年、コーポレート・ガバナンスやグループ経営、ダイバーシティや働き方改革、会計基準のグローバル化など、新たな経営課題が生まれています。これらの経営管理に関する基本知識を身に付けることで、組織の中で活躍できる能力を養います。

#

POINT

本学科では、経営学の中でも人材・組織・会計といった、実際の企業の管理において欠かせない分野を重点的に学びます。

さらに、それぞれの興味・関心や将来の目標に合わせて、他学科の科目も自由に履修することができるので、マネジメントに関連する幅広い知識を身に付けることが可能です。

企業管理の基礎を修得できる、3つの学習領域

  • 人材
    採用や評価、人材育成など人事管理の課題を理解し、働く人のモチベーションに関わる知識や理論を体系的に学びます。
  • 組織
    組織を構成する一人一人の行動や、目標達成のために最適な方法など、「実際に企業組織で起こっていること」を探究します。
  • 会計
    カネの流れを記録するための基本的な技術を修得し、その情報を組織内外で報告・利用する際の諸問題について学びます。

経営戦略学科

グローバルな経営環境で、新たな戦略を策定する力を養う

本学科の主要領域は国際経営戦略、経営史、経営分析の3つ。経営活動のグローバル化を見据え、グローバルな環境下で企業がどのような分野でどのような強みを生かして経営を行うかを学びます。さらに、そうした課題を理解し解決するために必要な、歴史的背景や経営分析手法についても学びます。

日本企業のグローバル戦略の立ち遅れや、創業の停滞といった問題を解決するために、本学科ではこれらの学びを通して、グローバルな視点から各種の事業分野でビジネスの創業と再構築をリードする人材に必要な戦略的発想を育成します。

#

POINT

ビジネスの創業や再構築に取り組むためには、経営戦略の土台となる基礎的な知識とグローバルな捉え方、経営全体を見渡せる広い視野が欠かせません。

本学科では、経営戦略について理解を深められる科目を多数設置。さらに他学科設置の科目と組み合わせることで、高度な専門性と広い視野が養われます。

グローバル経営の実践力を培う、3つの学習領域

  • 国際経営戦略
    法制度や取引慣習など日本国内とは異なる環境の下、海外で企業活動を展開するための課題とヒントを探究します。
  • 経営史
    現在・未来の経営課題を、過去のテーマとケースに基づいて複眼的に捉え、長期的視点に立って解決策を検討します。
  • 経営分析
    財務(会計)情報について、情報利用者の視点から理解を深めると共に、経営戦略についての定性的な分析も行います。

市場経営学科

市場環境の変化への対応や新たな市場の創造を担う力を養成

本学科の主要領域は、マーケティング、ファイナンス、技術・情報の3分野です。マーケティングでは、いかに売れる製品や市場環境をつくるか、ファイナンスでは証券市場や企業・個人の財務行動、資金の調達や運用などについて学びます。さらに、イノベーションに必要不可欠なIT技術についての理解も深めます。

近年ではメーカーや流通業が金融業に進出したり、ネット通販・広告、SNSなどIT技術を活用したビジネスモデルが広がり、専門能力を持った人材が求められています。

本学科では新たなマーケットの創造を担える、高い専門性を有する人材を育成します。

#

POINT

企業活動の中でも、特にマーケットやファイナンス、情報・技術などの専門科目を多く設置しています。

これらの専門分野を掘り下げて学びつつ、さらに経営やマネジメントに関する基礎的な知識も修得することで、経営環境の変化に対応しながらマーケットを創造できる能力を培います。

新たなマーケットの創造を担う人材を育成する、3つの学習領域

  • マーケティング
    「誰が欲しがっているのか?」「どんな価値が望まれているか?」などの視点から、<売れる製品>について考察します。
  • ファイナンス
    資金調達や運用など企業の財務行動、証券市場の仕組みや価格変動の仕組みなど、資金について総合的に分析・考察します。
  • 情報・技術
    社内業務の効率化や、インターネットを活用したビジネスにおいて欠かせない、情報技術とその特性について学びます。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ