学部・学科

誰もが心豊かに暮らせる「ウェルビーイング」の実現を考える

未来に向けて、日本の社会が抱える課題や人間の心の問題を理解し、持続可能な社会を実現するために、本学部では「福祉」「心理」そして「地域」を学びます。

すべての人が幸福なくらし(ウェルビーイング)を実現するためには、社会福祉にとどまらず心の問題に取り組む臨床心理や、地域づくりなどの分野を包括的に学ぶことが必要です。

本学部では、体験型学習も交えながら3分野を横断的に学び、実践力を高めます。

現代福祉学部の特色

1年次から始まる演習における徹底した少人数教育

1年次に基礎演習、2~4年次には専門演習を設置。専門演習では3年間同じ教員・仲間と学びながら、思考力や発表力を鍛えます。

資格取得にもつながる充実の実習

実習科目が充実。座学で理論を学ぶだけでなく、実践的な取り組みを通して自ら考え行動することで、実践力が身に付きます。

学部独自の海外研修

共生社会の先進国であるスウェーデンをはじめとした欧州で、社会福祉や地域づくり、臨床心理に関わる組織を訪ねて学びます。 ※選抜試験あり

福祉コミュニティ学科

問題解決力・実践力を身に付けた地域社会のリーダーを養成

幅広い世代や場所にわたる現代社会のウェルビーイングを目指すとき、解決すべき課題は高齢者の介護や若者のひきこもりなど対象者ごとに細分化されたり、都市や農山村、海外まで現場も多岐にわたります。

本学科では、福祉とコミュニティに関する諸学問を結び付けて学ぶことで、多様な主体が関わる総合的な解決手段を見いだすことができます。その担い手も、行政機関のみならず、民間の非営利団体や社会起業家、またコミュニティ組織など広がっています。そのような現場を見据えて、社会福祉と地域づくりがクロスオーバーする領域の科目の充実を図っています。

#

POINT

「社会福祉」と「地域づくり」の2つの観点から学べるカリキュラム構成です。実社会で役立つ問題解決力を鍛えるための演習科目や実習科目、また知識から実践へと学びが深まるフィールドワークも豊富に設置しています。

地域のリーダーを育成する「コミュニティマネジメント・インターンシップ」

地域性を重視した実習の一つが「コミュニティマネジメント・インターンシップ」です。夏休み期間中に各地の自治体や企業・NPO団体に赴き、地域が抱える課題と先進的な政策や対応を学び、実践的な問題解決力を養います。

国家試験受験資格が得られる

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験に対応したカリキュラム構成になっています。これらの国家試験は誰もが受けられるものではなく、厚生労働省が指定した科目を履修し、単位を修得する必要があります。この受験資格を本学科で取得することができます。外部の国家試験受験対策講座の受講にも大学から補助があり、万全の支援体制で高い合格率実績を出しています。

スクール(学校)ソーシャルワーカーを目指せる

本学科を卒業し、併せて社会福祉士の国家試験に合格することで、学校現場などにおけるソーシャルワークの業務を行うスクール(学校)ソーシャルワーカーの資格を取得できます。生徒や児童だけでなく、その家族や児童を取り巻く友人・地域社会・学校・制度などを対象とし、関連機関と連携しながら問題の解決を図る職業です。なお、同制度は(一社)日本ソーシャルワーク教育学校連盟の認定事業です。

リアルな福祉を学べる

現代福祉学部棟内には、手すりやスロープなどを完備。当事者の視点から、実態に即したリアルな福祉が学べます。また、現場経験が豊富な教員による授業により、実践的な学びも得られます。

臨床心理学科

人の「こころ」の援助方法を学び自らとの向き合い方を知る

臨床心理学は、心の動きを解明する「心理学」から一歩踏み込んで、問題を抱える心に変化を起こすための具体的な援助方法を修得する学問です。

本学科では、伝統的な臨床心理学を学ぶとともに、「社会福祉」「コミュニティマネジメント」の知識も身に付けることで、幅広い視野と問題解決能力を備えた人材育成を目指します。公認心理師や臨床心理士といった専門家を目指せるだけでなく、自己の心と向き合い、他者とのコミュニケーション能力を伸ばせる学びでもあります。

#

POINT

臨床場面に限らず、日常生活にも役立つ知識や技術の修得に主眼を置いています。

教授陣にはカウンセリング、心理査定、コミュニティ心理学、内観療法、精神分析などさまざまな領域の専門家がそろっており、理論と実践を兼ね備えた講義を通じて臨床心理学を基礎から幅広く学んでいきます。

実践感覚を磨く心理実習

心理実習の充実を図っています。例えば、教育相談センターや病院、学校や不登校児キャンプなどの現場実習、内観療法やエンカウンターグループなどの臨床心理研修を用意。経験的理解が、将来を考える際に役立ちます。

「公認心理師」「臨床心理士」の資格取得を目指せる

学部の上には、(財)日本臨床心理士資格認定協会の第一種指定大学院である人間社会研究科臨床心理学専攻を設置。学部と大学院の一貫教育の中で、高度な専門教育を受けることが可能です。臨床心理学科および臨床心理学専攻では、公認心理師の受験資格取得が可能なカリキュラムを用意。必要な科目を修得して大学院を修了すると公認心理師・臨床心理士の受験資格が得られます。臨床心理学専攻の臨床心理士合格率は国内トップクラスを誇ります。

学びの発展形としてのさまざまな取り組み

ゼミ活動から発展して、地域に根ざしたボランティア活動に取り組んだり、児童相談所でアルバイトをする学生など、学科での学びが学外での行動に結び付いている学生も少なくありません。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ