学部・学科

高度化された情報化社会のための、新しい概念を創出します

情報技術の恩恵を受けずに、一日を過ごすことはないと言ってよいでしょう。

さらに「安心・安全なネットワーク社会の実現」はもちろんのこと、「少子高齢化時代の生活の質の向上」や「地球温暖化や食糧問題」といった社会的な課題も、情報技術の活用によって解決する道が開けるかもしれません。

情報科学部では、このような課題解決のための概念(考え方)を生み出せる人材を育成します。

情報科学部の特色

最新の情報技術者教育カリキュラムに準拠

情報処理学会が定めた、情報専門教育のための体系的なカリキュラム標準「J07」に準拠した教育プログラムを採用しています。

1年次から始まるゼミで最先端の研究に触れられる

「情報科学プロジェクト」として、ゼミを1年次より設置。入学後すぐに、最先端の研究に触れながら学ぶことができます。

最先端の技術も学べる「リクエスト集中講義」

「iOSプログラミング入門」や開発コンテスト(企業との共同開催)など、学生からの提案や希望を反映した講義も設置しています。

コンピュータ科学科

高度情報化社会を支えるコンピュータ技術を学ぶ

本学科では「コンピュータで将来何ができるかと、それを実現するための技術」を追究しています。

コンピュータによる計算を高速化したり、膨大なデータから隠れた情報を見つけ出したり、情報を安全かつ効率良く伝えたり、知的な処理で人の生活を支援するための技術が、本学科で取り組んでいる主な研究の領域です。

これらの研究の実現に向けて、プログラミングやデータベース、OS、インターネット、セキュリティ、人工知能などの分野の学びを通して、ハードウェアからソフトウェアまで幅広い基礎知識と高度な情報技術を身に付けた人材を育成します。

#

POINT

情報科学を学ぶ上で基礎となるのが、プログラミングの知識や技術です。

情報科学部では、入学時にコンピュータに対する知識がなくても、4年間の学びで高度情報技術者を目指せるプログラミング教育を行っています。なお、プログラミング教育はディジタルメディア学科でも同様に行われます。

基礎から知識と技術力を積み上げるプログラミング教育(コンピュータ科学科・ディジタルメディア学科共通)

プログラミングとは、表現したいことを生み出すための手段や手順を考え、コンピュータの言葉を使って書き表すことです。情報科学部のプログラミング教育は、一つのクラスをテーマ別に細分化しグループごとに学ぶ仕組みで、少人数クラスと同じようにきめ細かな指導を実現しています。また、プログラミングを体系的に学ぶことができるように、基礎・専門にわたって設定された多様なプログラミング言語の演習科目を通じて、プログラミング技術を体に覚え込ませます。こうした教育により、1年次から一つずつ知識と技術力を積み重ねていくことができます。

ディジタルメディア学科

社会に生かされるメディアの情報処理技術を学ぶ

本学科では「画像や音声、センサなどの新しいタイプの情報」を探究しています。映画やテレビで欠かせないCGをつくるための理論やその生成技術、人間の顔や音声の認識と識別、身体の内部や地球の温暖化現象の可視化などを実現するための研究を進めています。

これらの研究の実現に向けて、プログラミングや数学・物理、画像・音声処理、機械学習、ユーザインタフェースなどの分野の学びを通して、コンピュータシステムに強いディジタルメディア分野の人材育成を目指します。

#

POINT

情報科学部では、一人一人の学生の能力や適性を伸ばすための取り組みを進めています。その一環として、大学での学び方や友達のつくり方などに戸惑ったときに、講義や課題の内容、学生生活について気軽に相談できる「ガラス箱オフィスアワーセンター(GBC)」を設置。

全ての学生が心おきなく学業に取り組める環境づくりに努めています。なお、GBCは所属学科に関係なく利用・参加できます。

学生と教員が一体となり、共に助け学び合う「ガラス箱オフィスアワーセンター」(コンピュータ科学科・ディジタルメディア学科共通)

ガラス張りのフロアの中で、学習のことや学生生活のことなど、気軽に相談することができます。施設の運営主体は、情報科学部のStudent Assistant(SA)。学生は、相談する立場にも相談される立場にも立つことができます。また、どの時間帯に訪れても必ず教員が1~ 2人いるので、研究室のドアをたたくことに気が引ける人でも、気軽に教員と話すことができます。試験前には勉強会を開いたり、教員との懇親会を開催するなど、学生による企画も多数実施しています。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ