ロボティクス分野 人間支援ロボット研究室

教授 チャピゲンツィ

教授 チャピゲンツィ

Genci CAPI

研究室の学び

自分で考え行動するロボット開発をテーマに研究を行っています。特に(1) 実世界(実環境)を対象としたセンシング技術開発や、(2) 人間の生活空間で自ら行動するロボットの知能と行動に関する研究開発を柱として取り組んでいます。私の研究室では、これらの融合により「人の役に立つ」ロボットが備えるべき知性を共に探求し、次世代を担うロボットエンジニアの人材を育成していきます。

社会との接点

私の手掛けている知能ロボットの研究分野は、近年のコンピュータハードウェア、センシング技術の飛躍的発達によって、お掃除ロボットやコミュニケーションロボット、自動運転ロボットカーなど多岐にわたる応用が進んでいます。その進む先には高齢化社会でのクオリティ・オブ・ライフ向上などがありますが、そのためには、人に寄り添い、共存・協調するロボットによる人間支援が極めて不可欠な技術です。これは今後ロボットがより身近になっていくためのホットな分野であり、近い将来、医療介護現場などで活躍する知能ロボットが登場することは間違いありません。

主な研究テーマ

  • 高齢者のための能動的歩行器・車椅子可変ロボット
  • 複数のロボットによる協調行動システム
  • 人間支援のためのモバイルヒューマノイドロボット
  • ロボットアームによる上肢麻痺者の自発的リハビリ支援システム
  • 組立作業におけるロボットアームによる支援システム
© Hosei University
メニュー