研究室の学び

モノとモノの動きの関係を物理的に構成するメカニズム(機構)をかしこくデザインして,問題解決を行う方法を主に学んでいます.問題解決するアイデアを考えるだけでなく,“つくる”,“試す”を自身で行うことを重視しています.分野や手段に捕らわれることなく,問題解決に必要なことを随時学んでいきます.これにより,複雑多様化した社会問題の解決を主導できる機動的柔軟性を持った人材の育成を目指しています.

社会との接点

当研究室では,“機構”もっと簡単に言えば“からくり”のデザインに着目して研究をしています.ホコリの被った古い分野と感じたかもしれませんが,まだまだ新しい発見(発明)が続く重要な分野です.

人は物理的な身体があります.朝起きて寝るまでに,何かしらのモノを利用しています.

人々の要求や,社会の在り方が複雑多様化して変化していけば,これらのモノに対する要求も変化していきます.そのため,人とモノの関係,モノとモノの動きの関係性をつかさどる機構も,常にそれらに答えて新たな提案や改良が必要になっていきます.

この複雑多様化した要求に答えるためには,高度な技術をただ適応する,乱用するのではなく,本当に人が快適なものは何か,環境や社会が持続可能な方法とは何かをデザインする視点が不可欠です.

このように,当研究室ではメカニズムのデザインを重要視して,様々な問題解決の研究開発を進めています.

主な研究テーマ

  • 疲れにくいハイヒール
  • 柔らかくて動くぬいぐるみロボット(Soft Robot)
  • 火山観測のための昆虫型ロボット
  • 子供の安全性を高めた子供乗せ自転車
  • オシャレなアシストスーツ
  • 電池の必要ないアシストスーツ
  • 美しい金属結晶の自動生成
© Hosei University
メニュー