一覧に戻る
私の法政ライフ

多様性を尊重し、高めあう仲間に囲まれて学ぶ ~国際文化学部~

  • 馬場 愛さん
  • 国際文化学部4年(2020年度)鹿児島出身

国際文化学部の魅力は、多様な価値観を尊重し、お互いを高め合う仲間が多くいることです。

私がこの学部を選択した理由のひとつは、異文化コミュニケーション能力が育まれる「スタディ・アブロード(SA)プログラム」があったからです。2年次秋学期に、世界10カ国7言語圏に広がる15の海外協定大学のいずれかに留学するものです。私はアメリカのカリフォルニア州にあるカリフォルニア大学デイヴィス校に留学し、アメリカの経済格差や人種差別の問題を肌で感じました。



アメリカ文化を研究するゼミに所属

 それらの問題をさらに探究したいと考え、現在、アメリカ文化を研究するゼミに所属しています。このゼミでは、各自が主体的に研究テーマを決めます。私はアフリカ系アメリカ人に対する人種差別について研究しています。このゼミの魅力は、ゼミ生同志で研究成果を共有するため、アメリカの音楽や歴史、スポーツ、社会問題などを総合的に学ぶことができます。また、一つのニュースに関して議論をする際、多角的な視点で議論を展開できることも良い点です。
 私は留学時、メキシコ系アメリカ人の家庭でホームステイをしました。日本とは異なるメキシコの料理や伝統行事、宗教、風習、価値観の違いを知ることができました。また、日本文化の独自性を客観視することで「違い」を楽しむことができるようになりました。将来は、異文化を楽しむ機会を多くの人に提供し、異文化における相互理解に貢献したいです。







このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ