一覧に戻る
私の法政ライフ

同郷の後輩たちへ:愛媛県出身

  • 葛西 諒さん
  • キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科2年(2020年3月時点)/出身高校:愛媛県立松山南高等学校

あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください

法政大学では、本当に多様な人々に出会うことが出来ます。高校生までには出会うことの出来なかった多くの人に出会うことが出来ます。また、自分の学科ではない授業を受けることが出来たり、学科の中にもさまざまな授業があるので、多くの知識を身に付けることが出来ます。加えて、公務員講座や、自主マスコミ講座など将来をサポートしてくれる講座も多くあるため夢に向かって努力することが出来ます。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

留学です。私は現在までに、北海道で毎年開催されている Shiribesh 留学(ニセコ留学)、オーストラリアに 4 ヶ月留学しました。この留学に参加するまで英会話教室に通ったことも、英語を話した経験すらほぼ皆無でしたが、留学をきっかけに英語を話さないといけない状況におかれ、初めは本当に大変でしたが、沢山の外国の友達を作ることが出来たり、外国の友達と電話ができたりするまでになり、成長を感じることが出来ました。留学に行く前までは、今回の留学で最後にしようと思っていましたが、留学から本当に多くのことを学ぶことができると分かり、現在はワーキングホリデーかもう一度留学に取り組んでみたいと思っています。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

大学で得たものはかけがえのない交友関係です。学科の友人、サークルの友人、オープンキャンパス活動で得た友人、留学で知り合った友人、法政大学に来てくれた外国人留学生の友人、マスコミ講座で切磋琢磨する友人など本当に沢山の人のおかげで日々充実した大学生活を送ることが出来ています。法政大学は、私を一回りも二回りも成長させてくれた場所です。法政大学に入ることが出来たおかげで様々な新しい世界を見ることが出来ました。また沢山の挑戦の機会もあり、本当にいろいろな経験がつめていると思います。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

初めは誰も友達もいなくて、本当に不安しかありませんでしたが、現在は素敵な友達に囲まれ、楽しい大学生活を送ることが出来ています。東京は本当に首都であるだけあってさまざまなものが集まっているため、地元では出来ない色々な経験をすることが出来ます。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

受験勉強は本当に大変で失敗することや壁にぶつかることも沢山あると思いますが、努力すれば必ずどこかで報われる時は来ます!!1 日 1 日何かをやってみれば、出来ることは増えていくと思います!みなさんの可能性は無限大です!法政大学で待っとるけん!みんなと会えるん楽しみにしとるよ!

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ