一覧に戻る
法政大学での学び

アクティブ・ラーニング

学生自身が主体的に考えて行動する”参加型”のアクティブ・ラーニングを積極的に推進し、各学部・学科で多彩な科目を設置しています。

ゼミナール ― 教員からの直接指導、仲間との議論で「自ら考える力」を培う ―

大学での学びを象徴するのが、指導教員の助言を受けながら学生自身が専門分野の研究に取り組む「ゼミナール」での学びです。同じテーマに取り組む仲間と切磋琢磨しながら、自ら考えて行動することで得られた知識と経験は、一生の財産となります。

プロジェクト系科目 >> 実践的な思考力

学生同士で議論しながら、問題解決の道筋を探ります。

フィールドワーク系科目 >> 調査・分析能力

国内外の「現場」に出て、実体験や調査、実習を行います。

実習系科目 >> 専攻分野の深い知識

講義で学んだ理論や技術、方法を実践を通して深めます。

インターンシップ >> キャリア形成

企業や官公庁、各種団体において、一定期間の就業体験を行います。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ