一覧に戻る
キャリア支援

1年次よりキャリア支援がスタート

学生一人一人が将来について早い段階から考えることができるよう、1年次から受講できるキャリア形成関連科目やサポートプログラムを用意しています。

低学年から受講できるキャリア形成関連科目

「 文書作成力」「情報収集・分析・発信力」「状況判断・行動力」の3つの能力を就業力と捉え、キャリア形成関連科目として初年次教育から配置しています。
大学でのさまざまな学びや体験が、そのまま企業が求めるコミュニケーション力、主体性・粘り強さの養成につながるよう、人格形成の環境づくりに力を注いでいます。


キャリア形成関連科目の一例

市ケ谷

  • キャリアデザイン入門(ILAC科目)
    大学とはどういう場なのか、社会で働くとはどういうことなのか、といった点について学びます。
    社会に出て働くようになると必要とされる能力と大学での活動の関係について考え、 大学で学ぶことが将来にどうつながっているのかを理解します。
  • キャリアデザイン応用(ILAC科目)
    企業社会や、社会の中に存在する仕事、あるいは働き方の多様性について学びます。
    社会の中にはさまざまな仕事があります。私たちの社会は、労働の連鎖で出来上がっています。働くとは、その連鎖の一つを担うことです。
    具体的にどのような仕事があるのか、それぞれの仕事で求められる能力は何かといった点について事例などをもとに考えます。
  • 文学部生のキャリア形成(文学部)
  • 職業選択論(キャリアデザイン学部)

多摩

  • キャリアデザイン論(経済・社会・現代福祉・スポーツ健康学部)

小金井

  • キャリアデザイン(理工・生命科学部)

インターンシップの支援が充実

インターンシップに参加することで、将来の進路を考えるとともに、実際の職場での仕事体験を通して、社会人としての意識や考え方、ビジネスマナーなどを経験・吸収することができます。
※キャリアセンターでは、企業が公募するインターンシップの情報も提供しています。
※各学部独自のインターンシップも実施しています。


インターンシップガイダンス/インターンシップサポート講座

学生が参加を希望する企業のインターンシップの選考を通過できるように、実践的なサポートプログラムを充実させています。
インターンシップの基礎知識、業界や企業についての研究・選び方、エントリーシート対策(自己PRや志望動機など)、筆記試験対策、面接対策、マナー講座などの各種講座に気軽に参加することができます。
また上記プログラム以外でも、インターンシップに関する個別相談を随時受け付けています。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ