2021年度入試について(2019年12月20日更新)

  • お知らせ
  • 2019.12.20

2021年度大学入学共通テストにおける国語と数学の記述式問題について(2019年12月20日掲載)

本学では2019年3月1日付けで,2021年度からの大学入学共通テストの国語と数学の記述式問題を利用する旨を公表しましたが,12月17日に文部科学省が記述式問題導入見送りを発表したことを受け,大学入学共通テスト利用入試では記述式問題を利用しないこととします。なお,大学入学共通テスト利用入試の試験教科・科目については12月下旬に公表する予定です。


一般選抜における英語外部試験の利用について(2019年12月13日掲載)

2021年度一般選抜における英語外部試験の利用については、既にお知らせしているとおり、以下のとおりとします。詳細については2020年5月に発行する「入試ガイド」でご確認ください。
(2)GIS(グローバル教養学部)以外の英語外部試験利用入試の実施学部は、英語外部試験を従来通り出願資格として利用します。実施学部は原則として2020年度入試と同一とし、利用する英語外部試験の種類も大きく変更する予定はありません。
(4)理工学部機械工学科航空操縦学専修の一般選抜では、英語外部試験を従来通り出願資格として利用します。
(5)上記のいずれにおいても、英語外部試験のスコアは証明書原本の提出により確認します。有効期限については、2020年度入試の運用に原則として準じます。


一般選抜における主体性評価について(2019年12月5日掲載)

2021年度一般選抜では、主体性評価について、以下のとおり行います。
2019年3月1日に概要を発表しましたが、詳細が決まりましたのでお知らせします。

(1)インターネット出願の際に、「高等学校入学に相当する年齢からこれまでに、学校内外にて”主体性を持って
   多様な人々と協働して学ぶ態度“をもって活動・経験してきたと受験生本人が考えていること」について、
   入力してもらいます。入力で求める文字数は100字以上、500字以下とします。

(2)入力内容については得点化せず(判定に利用しない)、入学後の学部での教育の参考データ等として活用します。

(3)JAPAN e-Portfolio は利用しません。


入試区分および方式の名称変更について(2019年12月5日掲載)

2021年度入試より、入試の区分および方式の名称を以下のとおり変更します。


区分

方式

変更前

一般入試

一般入試

A方式入試(個別日程)

T日程入試(統一日程)

英語外部試験利用入試

大学入試センター試験利用入試

B方式、C方式

変更後

一般選抜

一般入試

A方式入試(個別日程)

T日程入試(統一日程)

英語外部試験利用入試(出願資格型)

英語外部試験利用入試(換算型)

大学入学共通テスト利用入試

B方式、C方式



区分

方式

変更前

特別入試

自己推薦、公募推薦、帰国生のための入試

外国人留学生入試、社会人入試、社会人推薦入試

推薦入試

指定校推薦入試、全商協会推薦入試、

スポーツに優れた者のための推薦入試、付属校推薦入試

変更後

総合型選抜

自己推薦、公募推薦

学校推薦型選抜

指定校推薦入試、全商協会推薦入試、

スポーツ推薦入試、付属校推薦入試

その他

帰国生入試、外国人留学生入試、社会人入試、社会人推薦入試


2021年度入試における英語外部試験のスコアの提出方法について(2019年10月3日掲載)

英語外部試験を利用する全ての入学試験(一般入試・特別入試・推薦入試)について、英語外部試験のスコアの提出方法は、「証明書原本の提出のみ」とします。大学入試センターの英語成績提供システムは利用しません。

大学入学共通テストの成績を利用した入学試験について(2019年3月1日掲載)

大学入学共通テストの成績を利用した入学試験を実施します。

  • 国語の記述式の段階別成績については、その結果を法政大学で得点化し、マークシート式問題の得点に加算します。
    (※赤字の取り消し線は2019年12月20日に変更。)
  • 数学の記述式については、マークシート式問題と一体で出題・配点されるため、得点をそのまま利用します。
    (※赤字の取り消し線は2019年12月20日に変更。)
  • 英語は、大学入学共通テストの教科「外国語」出題科目「英語(リスニング含む)」の得点を利用します。
  • 英語外部検定試験については、GIS(グローバル教養学部)と理工学部機械工学科航空操縦学専修において、出願資格として使用します。



このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ