市ケ谷キャンパスの新校舎「大内山校舎」をご紹介します

  • お知らせ
  • 2019.04.26

2019年春、市ケ谷キャンパスの新校舎「大内山校舎」が完成しました。

大内山校舎は地上8階·地下1階建てで、50~200人規模の小・中教室やグローバルラウンジのほか、学部事務課やグローバル教育センター、通信教育部などの事務室が入り、学生の学びを広くサポートしています。

市ケ谷キャンパスに来校された際は、ぜひ新校舎に足を運んでみてください。




大内山校舎外観

長年にわたり親しまれてきた55・58年館の印象的な外装ファザードを踏襲しつつ、特徴的な格子状の壁面デザインをコンクリートでアレンジしました。







1階 エントランスホール・ロビー

正面玄関の壁には燻し瓦調タイルを格子パターン貼りすることで歴史の継承を表現するとともに,重厚で落ち着いた空間となっています。







1階 大内兵衛元総長の書による論語

55 年館511 教室前からそのままの形で移設されました。大内山校舎には、55・58年館の歴史を継承する品やデザインが反映されています。







教室

4階以上には、50~200人規模の小・中教室を配置しています。靖国の緑がよく見え快適な学習環境です。






各階エレベータホール・廊下

自分がどの階にいるかすぐにわかるよう各階のテーマカラーを設定し、彩りのある空間となっています。






エスカレータ

校舎内にはエレベータのほか、移動に便利なエスカレータも設置しています。




このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ