【2018入試対策(3)】受験会場の指定と出願にあたっての注意

  • 入試情報
  • 2017.11.24
一般入学試験は、全国10会場(A方式入試は全国6会場)で実施します。

そのうち東京会場は法政大学の2キャンパス(市ケ谷・小金井)と、TKP市ケ谷カンファレンスセンター、法政大学第二中・高等学校(神奈川県川崎市)で実施します。

※多摩キャンパスは、受験会場に指定されておりません。


受験票に記載されている受験番号により、受験会場が決定します。

受験会場の詳細については、以下のリンク先でご確認ください。



なお、受験番号は原則として「出願の受付順」に付番します。

東京会場では一部の方式を除いて、受験番号の若い順に市ケ谷キャンパスから割り当てますので、特に市ケ谷キャンパスでの受験を希望される場合には、お早目に出願されることをおすすめします(出願の受付は、2018年1月5日から開始します)。

※ご希望の受験会場で必ず受験できるとは限りません。予めご承知おきください。

受験票は出願書類の受理後、インターネット出願サイト上に順次表示します。
試験日前に必ず受験番号・受験会場をご確認ください。
指定の受験会場以外では、受験することができませんので、くれぐれもご注意ください。

また、受験票は各自印刷し、試験当日に必ず持参してください。

なお、法政大学の入学試験において、受験会場による有利・不利は一切ありません。
ご出願時には、ご自宅からアクセスの良い会場をお選びください。


このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ