2016入試結果および2017入試変更点のお知らせ

  • 入試情報(2016年度)
  • 2016.04.26

2017年度受験生の方向けに、2016年度の入試結果(入試データ)および2017年度入試に関する変更点を掲載しました。
受験生の方は、ぜひご覧ください。

■2016年度一般入試結果

2016年度一般入試では、志願者数が10万人を超えましたが、志願者の増加に伴い、合格者も増加する結果となりました。

入試年度 2014  2015 2016
志願者数 94,808 93,986 101,976
受験者数 90,921 90,185 97,997
合格者数 20,295 19,549 23,192
倍率 (受験者数/合格者数) 4.5倍 4.6倍 4.2倍

そのほかの一般入試データ等につきましては、以下のページをご覧ください。

■2017年度入試の主な変更点
1.インターネット出願の実施
2017年度一般入試より手書きの願書を廃止し、インターネット出願のみとなります。

2.センター試験利用入試(B方式・C方式)

・【国際文化学部】センター試験利用入試B方式(3教科型)を新規導入
・【デザイン工学部】センター試験利用入試B方式(3教科型)の科目配点変更
・【文学部(英文学科・心理学科)・現代福祉学部・デザイン工学部(建築学科)】
  センター試験利用入試C方式(5教科6科目型)を新規導入


3.英語外部試験利用入試の新規導入と対象試験の追加

・人間環境学部、現代福祉学部、GIS(グローバル教養学部)、スポーツ健康学部、情報科学部、生命科学部の全学科に加え、経済学部国際経済学科で新たに英語外部試験利用入試を導入します。

英語外部試験利用入試の対象試験に、新たにTEAPを追加します。
※人間環境学部、スポーツ健康学部、情報科学部、生命科学部が対象です。


4.特別入試

以下の学部が特別入試を新規に実施、あるいは出願に必要な資格条件を追加します。

・【国際文化学部】分野優秀者特別入試の出願資格追加(TEAP)
・【文学部日本文学科】グローバル体験公募推薦入試の新規実施
・【経済学部国際経済学科・人間環境学部】国際バカロレア利用自己推薦入試の新規実施


■2018年度入試の変更点(予告)

国際文化学部が実施している一般入試A方式「外国語」では、2018年度入試(2018年2月実施)より、独語・仏語・中国語を廃止し、英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ)のみ選択可能となります。


このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ