一覧に戻る
教員紹介

人工知能のアプローチで、 サービス経済に起こる現象を分析 一人の知性より、多人数の集団としての知性を求めたい(大学ジャーナル Vol.123)

ディープラーニング(深層学習)が注目され、人工知能技術への期待が一気に高まったが、もっとたくさんの知能を相互作用させて、現代社会の経済の仕組みを解き明かすようなソフトウェアを作ってみたい――こう語るのは、8年前、民間から、「自由な研究をしたい」と大学へ転身された法政大学情報科学部の藤田悟先生。学際融合の進む今、数理科学や情報科学に軸足を置いた挑戦的な試みについてうかがいました。

(「大学ジャーナルVol.123」より転載)

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ