法政大学を知る
教員紹介

GIS(グローバル教養学部)とスーパーグローバル大学の今(大学ジャーナル Vol.121)

日本の大学のグローバル化、改革を大きく推し進めると期待されているスーパーグローバル大学創成支援事業。
採択から丸2年、各スーパーグローバル大学では、着実に構想の実現を進めています。

すべて英語による授業とリベラルアーツ教育で実績のあるGIS(グローバル教養学部)をはじめとし、大学全体での取組を加速する法政大学。

昨年度からGISの学部長を務めるダイアナ・コー先生は、香港で高校と大学を過ごし、アメリカの大学院で学位を取得したグローバル人材。
GISの歴史とともに日本語が上達してきたと語る先生に法政大学のグローバル化、教育改革についてお聞きしました。

(「大学ジャーナル vol.121」より転載)


このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ