一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

山形県出身 矢野 杏奈 さん

  • 文学部英文学科1年(2018年3月時点)/出身高校:山形県立寒河江高等学校

あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

「自分の視野」を広げることができる環境が整っており、積極的な行動次第で、自分の目標を見つけられるような刺激を与えてくれる人々との出会いや実現させたいことに向かって努力できるところです。また、グローバル教育が多彩であるため、実践的な英語力をつけられる授業や異文化交流を通して多様な視点から自分自身を成長させることができるのも魅力の一つだと思います。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

私は、入学当初から法政大学独自の留学プログラムである派遣留学制度で英語圏に留学することを目標にしていたので、グローバル教育センターが主催しているイベントや派遣留学から帰って来た先輩と交流する機会に参加したり,英語や興味のある分野について勉強しています。将来どんなことをしたいのか、そのために大学でどのような経験をしていきたいのか、自分と向き合いながら、英語の力をもっと上げられるように努力しています。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

法政大学は学生主体のイベントが数多くあり、何か一つでも多く経験してみたいと思い、オープンキャンパスの学生スタッフに挑戦しました。そこで出会った先輩方は、一人一人がオープンキャンパスへの強い気持ちを持っていて、何事も自分から行動することで得られるものの偉大さをその姿から学びました。大学生活を通して、さまざまな価値観を持った多くの人と出会うことができ,刺激をもらうことで自分の世界を広げられる大学です。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

一人暮らしが始まったばかりのころは、不安でいっぱいでしたが、大学に慣れてたくさん友達ができ、毎日が楽しく充実していて不安もなくなりました。また、家族の存在の大きさや感謝の気持ちを改めて感じています。大学4年間でどんな経験をして成長できるかは自分次第だと思うので、目標を見失うことなく、常に向上心を持って生活していきたいです。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

大学受験は、今までの人生で一番といってもいいくらい大きな壁かもしれませんが、夢や目標に向かって最後まで乗り越えることができたという経験を受験を通して得ることができました。振り返ると辛いことも数えきれないほどありましたが、全部今の自分の自信につながっています。1日1日の時間を大切に、家族や支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れずやり抜いてください!!

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ