一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

茨城県出身 鈴木 佑理 さん

  • 人間環境学部人間環境学科3年(2018年3月時点)/出身高校:茨城県立土浦第二高等学校

あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

挑戦したいことに挑戦できるサポートが充実しているところが法政大学の魅力です。公務員講座や、留学、ボランティアなど大学生のうちにしたいことが実行しやすい環境が整っています。特に、私も経験のあるオープンキャンパススタッフ活動は、学生主体でありながら、大学職員さんや先生方が支えてくださるので、不自由なく取り組めるのがありがたいです。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

まちづくりに関する学びです。どうすれば地域は活性化するのか、地域の人が生きがいをもち、健康で元気に暮らしていくために求められるものは何かを考察しています。現地調査で住民の方々にお話を伺う機会もあり、文献やインターネットの情報だけでは分からないまちづくりの奥深さ、一方での難しさを学ぶことができるので、より現実的な学びができて嬉しく思います。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

「知らない世界を知るために、前向きに行動する力」を身につけることができました。授業で学ぶ学問の知識に限らず、興味を持ったことを深堀りすることがどれほど面白く、意味あるものかを多くの経験から学びました。また、私にとっての法政大学とは、「進むべき道をじっくり考え、次への一歩を踏み出す場」です。日常の授業、現地調査、オープンキャンパススタッフ活動、卒業パーティ実行委員など積極的に多くのことを経験できたこの3年間は、自分を見つめ直し、なりたい自分に近づくきっかけをたくさん得る時間でした。日々の小さな選択から進路に関わる大きな選択まで、次に進むための判断材料をたくさん集めることができたので、勇気と自信を持って次の一歩を大きく踏み出したいです。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

とても新鮮です。日本全国、また世界からも学生が集まるので方言やふるさとの話を聞いていると文化の違いがよく分かり、面白いなと思います。また、行きたいところ、見てみたいものが東京にはたくさんあり、電車ですぐに行くことができるので大学と家の間の行き来だけではもったいないくらいに感じます。ただ、私は自然の緑や水に触れずにいるとなんとなく苦しくなり、たまに実家に帰って山の緑や霞ケ浦を見るとほっとするというのも正直な感想です。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

「今できることを、今やる」。これは私が受験期に言い聞かせていた言葉です。先を見て不安になったり、これまでを振り返って後悔したりすることは誰にでもあると思います。ですが、その過去やこれから先をいくら考えても何か事をなせるのは「今」でしかありません。1日1日を大切に、今できることを一つずつ丁寧にこなしていってください。学びたいことや夢に向かってしっかり自分の軸を持ち続ければ、きっと道は拓けます。今を大切に、前を向いて、がんばっぺ!!

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ