一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

長野県出身 増田 早希 さん

  • 文学部日本文学科2年(2018年3月時点)/長野日本大学高等学校出身

あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

市ケ谷キャンパスは、アクセスが良く、都心にあることです。最初は広がるビル群に驚いていましたが、徐々に慣れます。緑も多く、春はキャンパスに着くまでの桜並木がとても綺麗です。また、法政大学は自分のやりたいことに対して背中を押してくれるところが大きな魅力です!自分の学科に関することでなくても、自分が興味を持った分野を講座や授業として受けることができます。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

1年生のときから参加しているオープンキャンパスの活動です。受験生の皆さんや保護者の方に向けて行われるオープンキャンパスの学生スタッフとして、法政大学の魅力を伝えるお手伝いをさせていただいています。法政大学のオープンキャンパスは学生主体で行われているので、入学してからも法政大学に向き合うことができ、とても充実した活動です。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

大学生活で得たものは大切な交友関係です。学科の友人や、上記のオープンキャンパス活動での友人等々、尊敬できる素敵な友人たちのおかげで楽しい学生生活を送れています!また、法政大学では多くの講座が開設されています。私は不動産に興味があるので、宅地建物取引士の講座をとり、日本文学科ではありますが、不動産や法律について学んでいます。他にも多くの講座があるので、学部学科にとらわれず、自分の興味があることができます。私にとって法政大学は、自分の興味がある分野に全力で取り組むことができる大学です。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

最初は初めての都会の生活や一人暮らしが不安でしたが、始めれば意外とやっていけます。生活していくにつれ、家族の大切さ、ありがたさを改めて感じます。東京は、人がひしめき路線もたくさんありますが、その分遊びに行けるところが地元の何倍もあるので、自分の好きな場所に行くことができ、地方ではできなかったやりたいことが我慢せずにできます。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

大学生活は楽しいことがたくさんあり、自分のやりたいことがやろうと思えば何でもできます。思った以上に長野は方言が多く、通じないことも多くあります。お店や施設がたくさんある東京ですが、上京してから長野の自然や落ち着いた雰囲気が恋しくなります。一人暮らしは大変なことも多くありますが、周りに助けてもらいながら楽しい学生生活を送れます。受験勉強は大変だとは思いますが、ずくだしてがんばれー!

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ