一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

石川県出身 小橋 紗菜 さん

  • 経済学部現代ビジネス学科3年(2018年3月時点)/出身高校:星稜高等学校

あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

法政大学は三つのキャンパスに分かれており、それぞれのキャンパスにそれぞれのいいところがたくさんあります。私が通っている多摩キャンパスは広々としたキャンパスになっており、大学近くには木々がたくさんあるため、春には桜、秋には紅葉と四季折々の景色が楽しめます。また、法政大学では公認会計士や公務員になりたい人向けの勉強講座や、英会話を上達させるための講座、また、特別な先生をお呼びしてうまくいく恋愛の仕方を学べる講座などさまざまな講座が設けられています。あなたのやりたいこと、興味があることを法政大学ではきっと見つけることが出来るはずです。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

サークル活動は1年生の時に辞めてしまい、何か熱中できる、頑張れることはないかと探していた2年生の時期に行われていたのがゼミの応募開始でした。たくさんのゼミが設置されていた中、私は自分の一番学びたいことが学べるゼミナールに入ることができました。最初は難しく専門的な内容だったり、ゼミ合宿では一睡もせずに取り組むことが大変だったりしましたが、その分やり終えたときは達成感を感じることができました。辞めたいとか嫌だとかゼミの友達と弱音を吐きながらも、最後は切磋琢磨してやりきることができるゼミ活動は、私が大学で一番熱中したことだと思います。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

法政大学では「社会人で必要となってくる考え方や行動する力」を得ることが出来ます。高校までは担任の先生が受験のことを教えてくれましたが、大学にはたくさんの教授はいるものの一人一人の先生はいません。自分の将来のことを考え、行動するのはすべて自分です。法政大学ではその自立心をサポートしながら、将来へのための提案をたくさん用意してくれます。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

キャンパスは自然豊かなところにあるので東京にいることをたまに忘れてしまいますが、少し電車に乗って行くと東京の街並みが!テレビで紹介されていたお店やグルメをすぐに食べに行けたり、東京でしか行われないようなイベントに参加することは、地方生なら誰もが憧れることだと思います。地方では味わえない東京のキャンパスライフをぜひぜひ体験していただきたいです。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

自分の地元を飛び出して大都会東京で過ごすのは、たくさんの不安があると思います。ですが、あなたの地元にはないたくさんの出会いと素晴らしい人もたくさんいます。大学4年間は長いようでとても短いものです。毎日毎日悔いのないように思いっきり楽しんで大学生活を過ごしてください!がんばりまっし!

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ