一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

静岡県出身 市川 茉由華 さん

  • 国際文化学部国際文化学科4年(2018年3月時点)/出身高校:静岡県立沼津西高等学校

あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

国際色豊かなところが魅力だと思います。法政大学は「スーパーグローバル大学」に認定され、グローバル化が進んだ社会で活躍するための能力を培っていくことができる場所であると思います。また、多くの留学生を受け入れており、彼らと言語交換を行うことができたり、多様な留学制度があり、さまざまな国の文化や言語にも触れることができます。このような整った環境があるため、世界に羽ばたくチャンスがどんどん広がっていくと思います。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

オープンキャンパススタッフの活動です。スタッフ一人一人が来場者のことを第一に考え、どうしたら法政大学の魅力や学部の特徴、キャンパスライフをわかりやすく伝えることができるかを考えながら準備をしていきました。当日は私自身の経験などを交えて来場者と話をしました。うれしいことに来場者の方から好評をいただくことができ、私自身の言葉が誰かの人生に関わり、勉強の糧になることができ、とてもやりがいを感じました。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

法政大学で得たものは多角的な視点で物事を考える力です。私が所属する国際文化学部での留学、スタディ・アブロード(SA)プログラムを通して、世界各国の友人ができました。彼らはさまざまなバックグラウンドを持っており、新しい文化や考え方などを知ることができ、多くの刺激を受けることができました。留学でのさまざまな経験を通して、多角的な視点から物事を考えることができる力を身に着けることができました。また、私にとって法政大学は人間的に大きく成長させてくれる場所だと思います。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

静岡を離れ、東京で一人暮らしをすることにとてもドキドキしたことを今でも覚えています。法政大学に入学して個性豊かな友人たちに囲まれ、日々たくさんの刺激を受けながら本当に楽しいキャンパスライフを送ることができています。また、東京は常に新しいものが集まる場所なので、スイーツなどに詳しくなったり流行に乗れている気がします。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

自分の興味のあることを学んだり、自分の可能性をもっと広げたいら?法政大学はそれができる環境が整っているし、自分の行動次第でいくらでも可能性を広げることができる場所です。今は受験勉強などで大変かもしれませんが、法政大学には、ばか楽しいことがたくさんあるから、楽しい大学生ライフを思い描きながら、受験期を乗り越えてほしいです。応援しています!

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ