一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

大阪府出身 矢野 豪邦さん

  • 社会学部2年(2017年3月時点)/ 出身高校:高石高等学校

あなたが感じる他大学にはない法政大学ならではの魅力を教えてください。

多摩キャンパスに2年間通ってみて思うのは、法政大学生しか受けられない無料講座や、プログラム、課外授業なども充実していて、どの学部にいても、「好きなことを突き詰めて学べる」のが一番の魅力かと思います。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

ずばり、「4年間をいかに過ごすかの戦略」を立てました。僕は一年大学受験を浪人しているのですが、現役のときはゴールから考える逆算思考が足りませんでした。大学生活にしろ、人生にしろ、時間はあっという間に過ぎてしまいます。大学1年の初めに戦略を立てたおかげで、毎日が非常に充実しています。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

「”チャンスはどこにでも転がっている”という気づき」です。法政大学に入学すると、様々な先輩や仲間に出会います。様々な価値観に触れ、考え方に刺激を受けられます。ですが、大事なのは、「周りの発言から何をキャッチして、それをどう自分の人生に生かすか」だと思います。何気ない身の回りに人生の転機が隠れているかもしれません。日々アンテナをはって、チャンスを掴むよう意識することをおすすめします。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

最高ですね(笑)なぜなら、自分を成長させてくれるチャンスがたくさんあるからです。何よりも、大学生活を充実させるコツは、サークルに入ることでも、留学することでも、資格を取ることでもなく(もちろん個人の自由ですが)、「自分が何を考え、どのように行動に起こし、どう成長したかを堂々と語れるように時間を過ごすこと」です。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

周りがなんと言おうと、あなたが進みたい道なら、絶対に諦めないでください。必ずできると自分を信じましょう。どれだけ小さくてもいいので、日々「自分はできる」と思える成功を積み重ねていると道が見えてきます。また、何かを目指す上で、願っていれば叶うとは言いませんが、願わずに叶う夢はありません。伝えたいことが山ほどあるので、法政大学まで来てください!笑

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ