一覧に戻る
同郷の後輩たちへ

熊本県出身 竹崎 虹華さん

  • 法学部2年(2017年3月時点)/ 出身高校:濟々黌高等学校

あなたが感じる他大学にはない法政大学ならではの魅力を教えてください。

様々な学部学科が設置されていて、自分が本当にやりたいことを選ぶことができるところです。また、それに対する大学のサポートも手厚いと感じます。例えば、英語を学びたいのであれば定期的に自由参加型のグループワーク等があり、公務員になりたいのであればそのための講座があります。自らのやりたいことを応援してくれる、そんな大学だと感じます。

あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

私は以前からドイツ文化に興味を持っていたため、ドイツ語の勉強に励みました。私の所属する法学部法律学科では「第二外国語」として英語以外を学ぶ授業があるのですが、その中でしっかりとドイツ語の基礎を学びました。春休みには2か月の短期留学に行く予定です。そのための資金は自らアルバイトで稼ぎ、
それもいい経験になったと感じます。

法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

私は、法政大学での生活の中で、かけがえのない友人たちを得ました。私の友人たちは自分のやりたいことのために物事に取り組む意思を持った尊敬すべき人ばかりです。そんな友人たちに刺激を受け、私も頑張ろう、という気持ちになります。それはきっと、法政大学という環境の中にいることも影響しているのではないでしょうか。

東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

首都ということで、様々な人達が集まり、様々な価値観が存在していることを肌で感じることができます。自分の意思さえあれば、無限に可能性が広がる環境です。もちろん、人が多いことで危険なことも存在するとは思いますが、それ以上に得られることが大きいと感じます。不安を感じたとしても、私のように遠く離れた地元から一人暮らしをしている方も多いため、励ましあって生活することができます。

これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

法政大学は、自分のやりたいことをやれる、そのサポートも手厚い素敵な大学です。4年間とても充実したキャンパスライフを送ることができるはずです。法政大学の受験を決めたあなた、九州の粘り強さを見せて、自分を信じて頑張って下さい!優しい先輩たちも待っとるけんね!

関連情報

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ