一覧に戻る
法政大学での学び

(人間環境学部)“現場”を体感できるフィールドスタディで学びを深める

人間環境学部では、フィールドスタディ(現地実習)の授業を設けており、国内だけでなく海外でも実習を行っています。

「フィールドスタディ」は、直接現地に赴くことで社会環境や自然環境を肌で感じ、自らの問題意識を高めることを目的とした科目です。「自然保護」「まちづくり」「農業」「地域福祉」「文化」「国際協力」「エネルギー」など多様なコースを設けています。

これまでに実施したフィールドスタディのカタログ(報告書)を公開しています。
どんな学びができるのか、写真とともにわかりやすく紹介しているので、人間環境学部に興味のある受験生の皆さんはぜひご覧ください。

このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ