一覧に戻る
法政大学での学び

ライフスタイルに合わせて自由自在に学べる「通信教育部」

法政大学の学士課程には、通学課程と共に「通信教育課程」も設置されています。
通信教育部の学習はテキスト学習とリポート・単位修得試験による「通信学習」と、期間や手段が複数種類存在する面接授業である「スクーリング」によって構成されています。通学を要しない方法を含む複数の学習方法を選択できること、そして低額な学費で学習を継続できることが特徴です。
このような幅広い学習スタイルを選択できることから、国内各地や海外在住の方、知識を仕事に活かしたい社会人や通学課程に通う学生の父母など様々な地域・職業・年齢の学生が約6,000名在籍し、それぞれのスケジュールで目標に向かって学習しています。
また、法政大学の通学課程卒業生も、教員免許取得のために必要な単位を履修したい・大学院進学への準備として学士課程の専門分野を学びたい・ライフワークとして学習を継続したい、といった理由で通信教育部の学びを選択している方が多くいらっしゃいます。
通信教育部の詳細は、以下の通信教育部ウェブサイトをご覧ください。


このページをSNSでシェア

©Hosei University
トップへ